紙の使い過ぎには注意

シングルトイレットペーパーしか使っていないのにも関わらず、トイレがつまってしまったという人は意外と多いのかもしれません。もしもそうなってしまったら、トイレットペーパーを大量に流し過ぎたと思っておきましょう。水溶性が高いと言っても、量によっては十分に詰まってしまいます

ちなみに、紙を使いすぎてしまうというのは、女性が圧倒的に多いです。女性はどうしても使用する回数が多いため、水の威力が弱いトイレであればどうしても流しきれなくて、それがつまりになってしまうこともあります。

トイレのつまりがどうしても気になるのであれば、トイレットペーパーはシングルのものを使うようにすると良いです。シングルの方が水には溶けやすいのです。また、トイレには紙以外の余計なものを置かないように心がけることがポイントです。知らない間に子供やお年寄りの方が流してしまうことも十分に考えられるのです。いつの間にかつまってしまったというときには、トイレに余計なものがあったからということも、家族が多い家庭では考えられる一つの理由になります。結局余計な手間がかかることもありますし、お金だってかかることになりますから、十分に気を付けることが大切です。

トイレットペーパー以外は流さない

トイレを利用するときに気を付けるべきことが、トイレにはトイレットペーパー以外のものを流してはいけないということです。これが実は一番大事なことなのです。トイレがつまってしまったという人は、実はこれを守れていないという人が多かったりします。

つまりこれは当然のことだと思っている人もいるかもしれませんが、実はトイレットペーパー以外のものを流しているという人も多いのです。女性用のナプキンを流すという人もいるでしょう。残飯を流してしまった人もいると思います。ペンやブラシといった固形物を流してしまうという人も中にはいるのではないかと思われます。こうしたものについては、配管内でつまってしまう可能性がとても高く、修理したいと思っても簡単にはできなくなってしまうことも考えられますから、絶対に避けるようにしましょう。

実際に水に溶けるように作られているのは、トイレットペーパーだけです。そのため、流すものにはきちんと気を付けるようにしましょう。ティッシュは水に流したとしても、溶けずにそのまま残ってしまいます。1枚程度ならばそのまま流れてしまいますが、何枚も重ねて一気に流してしまうとトイレのつまりになる可能性が高くなります。

トイレのつまりが起きないように

トイレつまりは、起こってしまうと大変です。自分でつまりを解消させようとしたら面倒な作業になります。ではこれを防ぐにはどうしたらいいのでしょうか。これは簡単なことで、そもそもトイレつまりを起こさないように日頃から気を付ければ良いのです。

トイレットペーパートイレのつまりが起こる原因ですが、当然自然と配水管が劣化することによってつまることもあり得ます。これはどのように気を付けていても起こる可能性があるため、仕方がないのです。こうなると、業者に依頼をするしかなくなります。自力で直すことは困難と思って構わないでしょう。 トイレがつまることの原因は、トイレットペーパー以外のものを流してしまうといったことが多いです。ティッシュペーパーをたくさん流すだけでもつまる可能性はあります。トイレの便器というのは、そのくらい実は繊細なものだったりするのです。そのため、食べ物であったり、ペット用の砂であったりと、トイレに流れるかもしれないものに関しては、どうしてもつまりの原因になってしまうことがあります。そこで、根本的にはトイレットペーパー以外のものを流さないことが大事です。

しかし、トイレットペーパーと言っても、一度に大量に流すことはNGです。水に溶けやすいものであっても、まとめて流すとさすがに溶けにくくなってしまうためです。ダブルよりもシングルの方がつまりにくいところもあります。 ここではこうした点についてもう少し詳しく紹介します。